×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

白髪の原因は

白髪の原因はまだ完全には解明されていないのをご存知でしたか?
髪の毛は毛根で作られた毛髪が一日あたり平均約0.4mm、一ヶ月で約8〜10mmの速さで伸び成長期を終えると抜け落ちていきます。
そして約3ヶ月から9ヶ月という期間を経て次の髪を作る準備をして、新しい毛髪の成長が始まるのです。
普通はメラニン色素を含んだ細胞がそのまま押し上げられて黒い髪を作るのですが、色素細胞にメラニン色素を作る力がなくなってくると髪は白髪になってくると言われています。
そのため、白髪も一度に出来るのではなく、白髪はメラニン成分が無くなったものから徐々に白髪になっていくのです。
メラニン色素を作る能力の低下は普通、老化による年齢的なものと考えられますが、白髪が同時に肉体的な機能まで老化している証明にはならないのです。
つまり白髪が増えるとおじいさん、おばあさんになっている証拠とはいえないのです。
白髪を気にする方はまずその事を頭に置いていてください。
決してあなた自身の老化ではないのですよ。それだけで納得できればいいのですが白髪が増えてくるのはどうしても人生に対するモチベーションが下がりますね。
そこで次章からは白髪の予防と改善についてお話ししましょう。

白髪の原因で注意する事

白髪が自然な形で増えていく場合にはそんなに問題はないのですが、以下のような形で白髪が増える事もありますのでご注意ください。
突然白髪になる場合:  病気などによりメラノサイトが急に活動を停止した場合、突然白髪になってしまいます。
               マラリアや胃腸疾患、甲状腺異常、貧血症などの病気により、白髪が増えることがあります。
               また、白斑などができると、その部分が白髪になることもあります。
そして栄養不足の場合: ビタミン・ミネラル・良質のタンパク質が不足し、内臓の働きが衰え、血流量が減ることで、
               白髪になることがあります。
ストレス、精神的なもの: 苦労すると白髪が増える、という話をよく聞かれると思います。
               ストレスと髪の毛の関係はとても深く、身体にストレスがかかると、毛細血管が収縮してしまうため、
               毛母細胞の働きを弱める原因になります。
上記の事が原因で白髪になった場合は、白髪になった髪が疾患の治癒によって黒髪に回復する場合もあります。
また、よく小説などであるように一夜にして白髪になってしまうというような事は現実ではありません。
白髪を見つけると、少ないうちはつい抜いてしまいたくなリますが、同じ毛根から次に生えてくる髪も白髪ですし、
無理に抜くなどして毛根が死んでしまうと、毛髪自体がもう生えなくなってしまうこともあるので注意しましょう。

白髪の改善、白髪染め

白くなってしまった白髪を改善するにはやはり白髪染めを利用する事になります。
ただし、白髪染めにも大きく分けて3つの種類があります。
白髪染めを分類してみましょう。
【ヘアカラー】
メラニン色素を分解して脱色すると同時に、染料を髪の内部で結合させて染めあげます。
白髪も黒髪も、ほぼ同じ色にしっかり染まります。
ヘアカラーは白髪をしっかり染めたい方、染毛後の色を長持ちさせたい方に、髪色をしっかり変えたい方に合う白髪染めです。
【ヘアマニキュア】
メラニン色素の分解・脱色はせずに、髪の表面に染料を浸透・吸着させます。
白髪は自然な感じに、黒髪は光が当たるとほんのりニュアンスが変わる程度に染まります。
ヘアマニキュアは、髪の傷みが気になる方、気軽に染毛したい方、パッチテストの結果、異常が生じた方におすすめです。
【一時染め】
スプレーやスティックタイプなどがあり、髪の表面に一時的に色をつけるだけなので、シャンプーすればすぐに色が落ちます。
一時染めは、ヘアカラーをするまでの間の臨時に、急な外出や来客などの時に、あるいは旅先や出張先などの時間のない時に利用すると便利です。
それでは最後に、今楽天などで一番売れている白髪染めをご紹介しましょう。
その名はレフィーネです。下のリンクからご覧下さい。
白髪染めレフィーネのご紹介

Copyright © 2007 白髪の原因、予防、改善、白髪染め